女性向け一人暮らしの家探し

家探しは「女性向け一人暮らしの家探し」の間取り


間取りを考えるポイントは?

間取りを考える際に考慮しなくてはならないのが、自分の生活スタイルです。自分の生活の中心は何か考えてみてください。お仕事が忙しく、早朝には出社し、帰宅は深夜という人は、寝るスペースが確保出来ればよしかもしれません。また、自炊派でお料理はこだわりたい、という人は、一人暮らしであっても、一口コンロより、複数のコンロが使えるキッチンスペースが広めにある間取りが良いでしょう。あなたの生活スタイルを想像しながら、より良い生活が出来る間取りを考えてみましょう。

みんなのサーマクールの口コミ大調査
http://www.thercoo.com/reputation/aftereffect.html

女性の一人暮らしにおすすめの間取りとは?

せっかくの一人暮らし、毎日の生活が楽しくなるような部屋だといいですよね。そこで女性の一人暮らしにおすすめの間取りが、1LDKです。1LDKは、リビング、ダイニング、キッチンの一部屋の他にもう一部屋ある間取りのことです。LDKの部屋は主に食事や趣味のスペースに、もう一部屋は寝室にすると、気持ちよく睡眠ができ、美容にも健康にも最適です。特にお料理などを頻繁にする女性だと、部屋に臭いがつきやすいもの。寝室が同じ部屋のワンルームだと、寝具などにも臭いがつき、いい眠りができません。また、お手洗いやお風呂のスペースにもこだわりたいもの。出来れば、バストイレセパレートと言われる、お手洗いとお風呂場ば別々になった間取りがよいでしょう。一人暮らしのワンルームマンションなどでは、ユニットバスと言われる、お風呂場に洗面所やトイレが一緒になったタイプが主流のようですが、こちらですと、洗顔やメイクなどには不自由ですし、空間としても落ち着きません。バストイレレパレートで、洗面脱衣所のある間取りだと、メイクスペースも充分にとることができ、女性の一人暮らしには最適です。

ワンルームの間取り選び

1LDKの部屋の場合、一人暮らし用のワンルームの部屋よりは、少し家賃が高めです。予算的にワンルームからしか選べない、という人は、是非、キッチンと部屋が扉で区切られている部屋をおすすめします。部屋の中にキッチンやユニットバスがついている部屋もありますが、分かれている方が、臭いや湿気が部屋にこもらず、快適に暮らせます。ワンルームですと、食べる部屋や寝る部屋という区別がありません。そこで、出来るだけ自分で部屋を区切り、食べるスペース、寝るスペースなどを決めておくと、部屋の整理整頓もしやすく、快適な部屋作りができます。

DHA EPAの特集サイト
こちらのサイトでDHA EPAの情報はばっちり