女性向け一人暮らしの家探し

家探しは「女性向け一人暮らしの家探し」の物件選びの優先順位

  • HOME
  • 物件選びの優先順位

まずは条件を出してみましょう

家探しを始める前に、あなたはどんな家に住みたいですか?家探しの第一歩は、ここから始まります。家探しを行うには、不動産屋へ行かなくてはなりません。そこでは、たくさんの物件を紹介してもらえるでしょう。しかし、自分がどういった家に住みたいか、ある程度イメージを膨らませておかないと、満足のいく家探しはできません。何も条件がないようですと、不動産屋はもしかしたら、自分たちが早く受け渡ししたい物件を出してくるかもしれません。あなたの住みたい家は、どんな家でしょう?いろいろイメージを膨らませてみてください。

優先順位はひとそれぞれ

「今は通勤時間が長すぎて満員電車も辛いから、職場の近くに引っ越ししたいな」「ペットを飼いたいけど、今のマンションはペット禁止だから、ペットが飼えるマンションに住みたいな」など、家探しの条件は人それぞれです。そんな条件を、まずはたくさん書き出してみてください。立地、間取り、設備、セキュリティ、家賃、いろいろ出てきましたか?立地であれば、駅からは徒歩10分圏内が希望や、少し郊外でもいいから駐車場が安く確保できる所がいいなど、具体的に考えてみましょう。設備であれば、トイレとお風呂場は絶対にセパレート希望であったり、浴室乾燥機があればなおよしなど、条件もマストなものから、あったらいいな、というものまで、出来る限り具体的に出してみましょう。いろいろ条件を書き出してみると、自分がどんな家に住みたいのかが、わかってきませんか?最初は欲張りなくらい、条件を出してみましょう。イメージがどんどん膨らむはずです。そして次に、リストアップされた条件に順位をつけていきます。たくさんある条件の中から、これは絶対に必要、あるいは、これだけは譲れない、という条件と、これはあってもなくても大丈夫という条件をランキングしていくのです。もちろん、全ての条件に叶う家があればそれにこしたことはありませんが、なかなか条件通りという家はありません。家探しの際に、自分のこれだけはという優先順位の高い条件を少しでも満たしている家を探せば、満足いく一人暮らしが出来ることでしょう。

家賃の上限を設定しておきましょう

優先順位の中にも含まれますが、家賃にも上限を設定しておきます。高い家賃が払えれば、より良い物件に住めます。しかし、自分が出せる家賃の限度は決まっているはずです。そこで、どんなに希望の条件を満たしている物件であっても、家賃の上限範囲内、という条件を設定しておきます。気に入った家に長く住むには、家賃を払い続けなくてはなりません。家賃については、おおよそ収入の三分の一以内が妥当と言われています。生活を楽しむためにも、家賃で生活が困窮することのないよう、適正は家賃の家を探しましょう。

健康な毎日のために
乳酸菌のサイト(URL)

健康な毎日のために
ルテインのサイト(URL)

『不動産』をお捜しならここをCHECK