女性向け一人暮らしの家探し

家探しは「女性向け一人暮らしの家探し」の不動産会社と上手に付き合うには?


住む前も、住んだ後も、お付き合い

不動産会社とのお付き合いは、住む前の家探しだけではありません。もちろん、家探しの時が一番接点は多いかも知れませんが、住んだ後にも不動産会社とのお付き合いは続きます。例えば、設備が不良の際には、そのマンションの管理会社へ連絡をするわけですが、不動産会社が管理部門を設けて行っている所も少なくありません。管理会社がしっかりサポートしてくれれば、生活は安心安全です。

Real Solution
東急リバブルのFacebookページ

退去の時の対応も違います

不動産会社、不動産管理会社の対応の違いは、退去の際にも顕著に現れます。トラブルになることも多いので、注意したいポイントです。入居の契約の際には、敷金や礼金を支払いますが、契約書には、事細かにその詳細が記載されています。小さな文字で、たくさん書いてあるので、全部を読まない、という人もいるようですが、とても大事な内容ですので、是非、契約の際には漏れなく読んでおくことをおすすめします。退去の際には、その使用状況により、修理代の請求を受けたり、敷金から差し引かれたりします。その金額の試算も、不動産会社によってマチマチなのが現状です。また、法律では、壁紙の張替えなどは、通常不動産管理をしている側が支払うべき経費であるはずなのに、入居者に請求を行ったりして、トラブルに発展するケースも多く見受けられます。良心的な会社ですと、そのような無茶な請求はされません。また、自己防衛の意味でも、入居の際に、既に柱の傷や備品の破損を見つけたら、日付入りの写真などを撮っておくことをおすすめします。退去の時も気持ちよく明け渡しできるよう、不動産会社とは上手にお付き合いをしたいものです。

これで家を買うとき、売るときも安心
FUKUYAにおまかせ